本文へスキップ

一宮市のはっとり皮フ科クリニック。一般皮膚科、小児皮膚科、美容皮膚科、アトピー性皮膚炎、水虫。

電話でのお問い合わせは  TEL.0586-71-4112   

〒491-0846 愛知県一宮市牛野通3-28-3

皮膚疾患の説明

足の疾患

タコ(胼胝

圧迫や摩擦が持続的に加えられることによって起こり、一様な板状角質局面となります。。
不適当な靴や足の変形などによることも多いが、職業・習慣・趣味・スポーツなど様々な原因で生じます。
治療は、尿素軟膏やサリチル酸ワセリンを外用します。または、スピール膏を5日程度貼りっぱなしにして、ふやかしながら剥がしていく方法もあります。
受診された場合は、カミソリで薄く削ることもできます。

ウオノメ(鶏眼

下床に骨など硬い組織がある皮膚に、圧迫や摩擦が繰り返し加わることで、とげ状に角質増生を生じたものです。
不適当な靴や足の変形によるものが多いです。圧痛があります。
治療は、タコと同様です。受診された場合は、とげ状の角質をできるだけ削り取ります。

陥入爪

爪甲が側縁に食い込み圧痛を伴います。周囲に発赤がある場合は、二次感染を考えます。
治療は、感染を伴う場合は抗生物質を投与します。食い込んだ爪を改善するために、テープを使用したり、綿花を挿入します。改善しない時には、局所麻酔後に、食い込んだ爪を掘り起こし、チューブなどを利用し食い込まない状態にします。
それでも、改善しない場合は、フェノール法による手術をおすすめすることもあります。
普段は、爪の角を長めに残し、深爪をしない。幅の広い、ゆるめの履物をはく。足をよく洗い清潔に。

巻き爪

工事用の安全靴など固い素材の靴やサイズの合わない靴、つま先が狭い靴、ヒールの高い靴を履き続けたり、長時間のたち仕事や歩行、スポーツで爪に頻繁に衝撃を加えることなどが原因となります。遺伝的に、爪の弱い方は巻き爪になりやすいです。
当院では、ワイヤー法を行なっております。爪の硬さや、部位により太さの違うワイヤーを使用します。自費となりますが、初回は4000円のみです。

はっとり皮フ科クリニックビルダークリニック

〒491-0846
愛知県一宮市牛野通3-28-3
TEL 0586-71-4112